ママネイル

ママネイルこそジェルネイル!伸びた爪も凶器にならない♪

mama'snail

こんにちは♪
Yubikoです。

最近、ママになった友人が「爪を伸ばせない」と嘆いておりました。
赤ちゃんを引っ掻いちゃいそうで怖いんだそうです。

「ママになったんだから当たり前」と思いますか?

でも・・・ですね。
独身時代からずーーーっとネイルを趣味にしてきた人がママになった途端、短い爪で過ごすのって意外とストレスらしいんです。

短くて、何もしていない爪を見ると
「このままおしゃれもせずに枯れていくんだろうなぁ・・・」
と悲観してしまうそう。

彼女の場合は、産後まもないということもあり「マタニティブルー」というのもあるかもしれません。

ですが、彼女と同じようにママになって、ネイルを諦めた・・・という方は少なくないと思います。
そこで、Yubikoは考えてみました。

どういうネイルならママになってもできるのか―。
今日はそれをまとめたいと思います。

ママネイルその1.磨くだけ

磨いた爪
何にもしない家事に追われた手はやっぱりちょっと寂しい。
でも、ネイルを塗る暇もない!という方なら、隙間時間にちょっと爪を磨くだけでもきっと気分が上がります!

100均の爪磨きアイテムでも十分ピカピカになります!
おすすめアイテム↓
爪やすり
●爪やすり 108円(セリア)
ファイル・バッファー・シャイナーがセットになった1本。
これ1本で、ツヤピカに仕上げられます。

ママネイルその2.ピギーペイントを使う

ピギーペイント
こちらは天然成分から作られた、有害な化学成分(ホルムアルデヒド・トルエン・フタル酸類・酢酸エチル・アセトン)などを使用していないポリッシュ。
実は子供向けのネイルとして作られたもの。

だから子供がうっかり口に入れても安全な素材だけで作られています。
楽天・Amazon両方で販売していましたが、Amazonの方が価格がお安いようです( *´艸`)

>>>Amazonでピギーペイントの詳細を見る

ママネイルその3.安全性の高いジェルネイルをする

ジェルネイル
Yubikoとしてはこれが一番おすすめです。
なぜママにジェルネイルなのか―。
それにはいくつか理由があります。

爪先が厚くなるから危なくない

ジェルネイルを横から見たとき
爪で傷をつけてしまうのは、爪が薄くて硬いから。
刃と一緒です。
でも、爪先が厚く丸くなっていたらどうでしょう。

多少爪が伸びていても、鋭利でないので傷をつけにくくなります。

ジェルはどんなに盛っても、UVライトを照射すれば硬化します。
マニキュアのように厚盛したら数時間も待たなくてはいけないということもありません。
爪先をぽってりまあるくすればかわいさも倍増です♡

ジェルに使われている「紫外線硬化樹脂」は硬化したら舐めても安全

赤ちゃん
ポリッシュに使われているネイルラッカー。
これは基本的に有害物質。
揮発性があるのは乾燥前だけですが、なるべくなら口に入れたくないもの。

その点ジェルはポリッシュよりも強度が高く、剥がれにくい。
元々、歯の治療に使われていた技術の応用で誕生したジェルネイルは硬化してしまえば安全性が高いです。

長持ちする

長持ちする
ジェルネイルの特徴の一つ。
しっかり爪と密着し、ポリッシュよりも剥がれにくいです。
ポリッシュのように1週間くらいで剥がれてしまう・・・ということがなく、いったん硬化してしまえば3週間くらいは余裕。
忙しいママにはぴったりです。

ツヤだけで楽しめる

ツヤだけで楽しめる
こちらもジェルネイルの特徴の一つ。
ガラスのようなツヤ。
ママになると、周りの目が気になってあまり派手なネイルは出来ない・・・という方も多いですね。

そんな時、ジェルネイルはシンプルなネイルであっても、ポリッシュには出せない「ツヤ」があります。
うっとりするようなツヤツヤネイルは、単色塗りであっても目を引くものがあります。

ママにおすすめのジェルネイルはこちら

ママがネイルをする上で知って欲しい大切なこと

ママ
楽しくて、気分も上がるネイル。
でも、ママになったらネイルをする上で知っておいてほしいことがあります。

1.除光液に含まれるアセトンは赤ちゃんが中毒になる危険性がある成分です

ジェルネイルでも、ポリッシュでも除光液は使います。
どちらの除光液にも「アセトン」という成分が含まれています。

このアセトンというのは有機溶媒として広く用いられる有機化合物。
揮発性の強い引火しやすいという特性もあります。

この揮発性により、空気中に漂ったアセトンを吸い込んだ赤ちゃんが中毒になり救急搬送されるという事例がありました。
詳細→No.008 マニキュア除光液による中毒

赤ちゃんの側では除光液を使用するのは危険です。
必ず換気をしながら、赤ちゃんとは別室で除光液を使用する必要があります。

2.「オキシベンゾン」に強いアレルギーの可能性があります

ほとんどのポリッシュ、一部のジェルに含まれる成分である「オキシベンゾン」。
これには強いアレルギーを引き起こす可能性があります。
ポリッシュもジェルネイルも赤ちゃんには触れさせないようにしましょう。

赤ちゃんが飲んじゃった!そんな時は?

緊急事態の時は?
絶対に吐かせてはいけません。
万が一気管に入ると、肺炎を引き起こす可能性があります。
除光液・マニキュアはいずれも毒性の高いものです。
1mlでも飲んでしまったら躊躇することなく、すぐに受診してください。
ケロっとしていても、様子をみないでください。

ママネイル・まとめ

いかがでしたでしょうか?
最後はちょっと怖いお話となってしまってすみません。

私達を取り巻く「身近なもの」の中には赤ちゃんにとっては命の危険に晒されるほど毒性の強いものがたくさんあります。
除光液、化粧水、口紅、タバコ、アルコール、電池などなど。
数え上げればキリがありません。

小さい赤ちゃんは何でも口に入れてしまいます。
一番重要なのは、危険なもの全てを赤ちゃんの手の届かないところに置くこと。

おしゃれを楽しむママはとても素敵だとYubikoは思います。
キレイなネイルをして、颯爽とベビーカーを押すママを見るとため息が出るほど( *´艸`)

安全に配慮して、育児も自分も楽しめるママ―。
そんなママがたくさん増えたら、Yubikoはますます目の保養ができそうです♡

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>