2015冬ネイル(セルフジェル)

冬の定番!ニットネイルをセルフジェルで簡単に【やり方】

ニットネイル

こんにちは!Yubikoです。

ここ数年、冬にはニットネイルが人気ですね。
もこもこしててかわいいっ!と思い、実は毎年ポリッシュでチャレンジしてきました。
でも・・・
ポリッシュはやっぱり乾くのにすんごく時間がかかる。
そして、最大の問題は盛り上がりがキープできずに、たらーりと流れてしまうこと。

扇風機を使えば、扇風機の風に煽られてたらーり。
ストーブでも同じく。

とにかく、どうしてもどうしてもキレイに仕上がらずに断念してきた「ニットネイル」。
今年は手元には「セルフジェルネイルキット」!!
やるしかないのです♡

ということでセルフジェルでニットネイルを作ってみました!
やっぱりジェルは簡単&早い!

使ったベースジェル&トップジェル

ニットネイルに使ったベース&トップジェル
【ベースジェル】
●クリアジェルベース 1,885円(ジェリーネイル)
【トップジェル】
●マットトップジェル 278円(ネイル工房)
※購入元については下記にまとめてご紹介しています。

使ったカラージェル

ニットネイルに使ったカラージェル
左から・・・
●(白パケ)シェルピンク 111円(ネイル工房)
●(白パケ)ホワイト 111円(ネイル工房)

使ったLEDライト&筆

ジェリーネイル
ジェリーネイルのスターターキットに付属したものを使っています。
nail-hude_R
●ミニネイルアートブラシ8本入 108円(ダイソー)

使ったネイルパーツ

nail-koubou26_R
●雪の結晶パーツ 100円(ネイル工房)
nail-koubou-Crystal of snow_R
●クリスタルオブスノウ 108円(ネイル工房)
パールラインストーン
●パールラインストーン 108円(キャンドゥ)

ニットネイルの詳しいやり方

ベースジェルを塗る
1.ベースジェルを塗ってLEDライトを10秒当てて仮硬化させる。

(ニットネイルの手順1)ベースカラーのホワイトを塗る
2.ベースカラーホワイトを塗る。

(ニットネイルの手順2)仮硬化させる
3.仮硬化(10秒LEDライトを当てる)。

(ニットネイルの手順3)細いラインを引いていく
4.爪を縦に1/3に分けるようにラインを細く引いていく。

(ニットネイルの手順4)反対側にも細いラインを引いていく
5.反対側も同じように引いていく。

(ニットネイルの手順5)左右にドットを描いていく
6.左右にドットを描いていく。

(ニットネイルの手順6)中央にSを描いていく
7.中央のスペースに「S」を2~3つ繋げて描く。

(ニットネイルの手順6)対照的にSを描いていく
8.縄の目になるように、対照的に「S」を描いていく。

(ニットネイルの手順7)ドットを間に描いていく
9.縄の目のバランスが悪いかなと思ったら、ドットを入れていくとキレイに見えます( *´艸`)

(ニットネイルの手順8)15秒の仮硬化
10.15秒と若干長めに仮硬化させる。

(ニットネイルの手順9)マットトップジェルを塗る
11.マットトップジェルを塗る。

(ニットネイルの手順10)完全硬化させる
12.60秒、LEDライトを照射して完全硬化させる。

完成♪

ニットネイル以外は・・・

ベースジェルを塗る
1.ベースジェルを塗って10秒の仮硬化。

ニットネイル以外のネイルの手順1
2.シェルピンクを全体に塗る。

(ニットネイルの手順2)仮硬化させる
3.LEDライトを当てて10秒仮硬化させる。
4.マットトップジェルを塗ってLEDライトを60秒照射し、完全硬化させる。
5.ネイルパーツをネイルグルーでつけていく。

完成♪

ポリッシュと違い、ジェルはもったりとして、伸びやすいのででラインが引きやすいです♡
これだけ厚く盛っても、60秒でカッチカチ( *´艸`)

たくさんのカラーでこの冬は色んなニットネイルを楽しみたいと思います♡

この記事でご紹介したShop一覧

この記事が気に入ったらぜひシェアを!
記事更新の活力にしています♪

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>