プチプラネイルアート

少女テイスト満開!花柄ネイルのやり方

花柄ネイル

スポンサードリンク

花柄は女子にとって永遠の憧れ。
キュートな印象を与えてくれる花柄はネイルでも人気です。

そんな花柄ネイルはセルフでも簡単に出来るのです!

一緒に可憐な指先を楽しみませんか?

花柄ネイルに必要なマニキュア

・ベースカラー(色味の控えめな白~パステル系がおすすめ)
・花になる部分のカラー2色
・葉になる部分のカラー1色

花柄ネイルに必要なグッズ

・お弁当に使う小分けカップ
・ネイルアート用の筆

花柄ネイルにあればいいもの

・ラインストーン(極小)※1mm~2mmくらい。ゴールドやイエロー系のマニキュアでも代用可能。
・ベースコート
・トップコート
ダイソーのネイルパーツ
ネイルパーツはダイソーのネイルパーツを使用♪(108円)

今回使ったマニキュア

kohanagara_nailcolor4色
向かって左から

・MP AT濃密グラマラスネイルエナメル21 108円(キャンドゥ)
・タフィーネイル(ラズベリーシロップ1505)108円(キャンドゥ)
・TMマニキュアA(マカロンラベンダーTMM1401)108円(キャンドゥ)
・TMマニキュアB(マカロンミントTMM1403)108円(キャンドゥ)

になります。

花柄ネイルのやり方

ベースコートを塗る
1.爪全体にベースコートを塗ります。

ベースカラーを一度塗る
2.ベースカラー(今回は白)を塗ります。

1度塗り完成
1度塗りの状態。
2度塗りしなくても「しっかり濃密」というマニキュアを使いましたが、
やっぱり一度塗りだとムラ感が強いかも・・・ (๑•﹏•)⋆

ベースカラーを二度塗りする
3.ということで乾いたらもう一度(2度塗り)。

二度塗り完成
2度塗りでこんな感じ。
多少ムラがあっても花柄でカバーできます。

肌についたマニキュアを拭き取る
4.ここで一度肌に付いたマニキュアは綿棒+除光液で拭き取っておきます。

紫のマニキュアをカップに出す
5.紫色のマニキュアをお弁当用の小分けカップに少量出します。

紫のマニキュアをバランスよく筆で塗布する
6.紫のマニキュアをネイルアート用の筆で適当にバランスよく配置します。
コツは爪の中央にばかり描かず、端にも描くとバランスがいいです。

紫のマニキュアの配置
紫のマニキュアを塗り終えたところ。

赤のマニキュアを筆でバランスよく塗布する
7.紫色のポリッシュが乾いたら、赤のマニキュアを紫色の上に少しずらして重ねます。
(同じくカップに出して筆で描く)
なんとなく、4枚の花びらをイメージすると花っぽくなります。

赤のマニキュアを塗り終えたところ
赤のマニキュアを塗り終えたところ。

緑色のマニキュアを点々とつけていく
8.緑色のマニキュアを赤と紫の隙間にちょんちょんとつけていきます。
(同じくカップに出して筆で描く)

緑色のマニキュアを筆で塗り終えたところ
9.緑色のマニキュアを塗り終えたところ。
乾いたら、トップコートを全体に塗ります。

ラインストーンを置いていく
10.乾く前に、ラインストーンを花の中央に置いていきます。

完成
完成♪※クリックで拡大します。
ちょっとキワの処理が甘いですが・・・ ( ̄o ̄;)ボソッ.

花柄のネイルアートをしたチップ
自爪に描くのが難しい場合はチップに描いても。

全部の指を花柄にしてもかわいいですが、ちょっとうるさい?と感じる方なら、
薬指1本か、ひとさし指と薬指だけ花柄にして、
それ以外はパステル系のポリッシュで単色塗りにするとバランスが良くて可愛いです(๑˃́ꇴ˂̀๑)↓
アレンジバーション

カジュアルでガーリッシュなコーデに合うと思います。

パキッとした色合いでマリメッコのような花柄にしてもキュートです。
マリメッコの柄
(マリメッコ↑)

花柄をマスターすると応用が効くのでネイルアートの幅が広がりますよ~(ノ≧ڡ≦)
ぜひおすすめです!

HOMEに戻る

スポンサードリンク

気に入ったらシェアをお願いします♪
記事を書き続けるエネルゲンにします( ✧Д✧) カッ!!